信州ハム

厳選した素材選び

HOME > 信州ハムのこだわり > 厳選した素材選び

食肉加工品に使用される原材料には豚肉、牛肉、羊肉、鶏肉などがありますが、当社では90%が豚肉でその他が鶏肉、牛肉の順になっています。
そのため、とりわけ豚肉の調達については並々ならぬ努力を払っています。
現在使用している原料豚肉は海外から90%を輸入しており、各部位は、当社にとって最適な規格・基準を定めて、ほとんど工場で処理をしなくてよいレベルまで仕上げ、価格、品質両面で安定した原料調達に努めています。
また、原材料の素性をはっきりさせ、トレースのできる仕入れを実現し、安全・安心を常に訴求し続けております。

原料への厳しい規格・基準

グリーンマークとは、発色剤・着色料・保存料・リン酸塩を使用しないでつくられた信州ハムのハム・ソーセージに付けられるシンボルマークです。
この製品を造るために信州ハムでは原料への厳しい規格・基準化を進めてきました。
それらの基準や仕入れノウハウは、すべての製品に反映されており、結果として品質の向上につながっています。

仕入れ時には、品質・価格はもとより、原料、原産地、製法、規格・基準を確認、細かな規格・基準を定め、また豚の飼育においても飼料の要望や工場チェック、作業指導など管理項目を定めており、常に一定品質の原材料調達を実現しています。

原料肉の調達

■肉質 ■重量 ■赤身率 ■pH
■形態 ■脂肪厚 ■ミートカラー ■一般生菌

豚の飼育の管理

■与える飼料、ホルモン剤、抗生物質の投与内容や期間の要望
■仕入れスタッフによる交渉や設備を含めた工場チェック
■作業指導

副原料、調味料、香辛料等の調達

■品質・価格はもとより、原料、原産地、製法、規格・基準を確認
■定期的な規格書・検査証明書の提出
■工場検査の実施